トップページがんばれ店長毎日就職ナビ:第4回 QSCが基本

第4回 QSCが基本

今回は、私たちの商売の基本であるQ・S・Cについてご説明いたします。 QはQuality(クオリティー・質)・SはService(サービス・奉仕)、そしてCはCleanliness(クレンリネス・清潔)です。このQ・S・Cのレベルによってお店の評判が決まります。

1.Q・S・Cが基本
良質な商品、きめ細やかなサービス、清潔な店舗。これらは、お客さまにご満足戴くためには欠かせない条件です。そして、これらQuality(クオリティー・質)・Service(サービス・奉仕)・Cleanliness(クレンリネス・清潔)を軽視し、努力を怠ればお客様は離れて行きます。商売をする上でQ・S・Cがいかに大切であるかを認識することが商売の基本と言っても過言ではないでしょう。

2.Quality(クオリティー)
お客さまを大切にしている店は、常に商品の質に気を配ります。そして、常にそれを向上させる努力を続けています。自信を持っておすすめできる商品で、お客さまに喜んでいただく。これは商売をする者だけが味わえる醍醐味です。

3.Service(サービス)
感じの良い接客は、店の料理をさらに引き立てるものです。美味しい料理と心のこもったおもてなしで、おなかも心も満足して幸せな気分で店を後にしていただくことは、飲食業に携わるものの喜びでもあります。 そして、お客さまは、お店で働く一人ひとりの仕事振りを通じてお店を評価しています。サービスの良さがお客さまの再来店を促すことはどんな商売にも共通して言えることです。

4.Cleanliness(クレンリネス)
隅々までよく清掃され清潔感にあふれた店は、どなたも好感を持ってくださるものです。また、清潔感は商品への信頼感・安心感にもつながりますので、商売繁盛の第一歩とも言えます。いくら立地が良くても、低価格でも清潔感のない店にはお客様は来店してくださいません。クレンリネスに気を配らないようでは、外食産業に関わる資格さえ無いということです。

以上

▲トップに戻る

Copyright © 2012 Shigeki Igarashi. All Rights Reserved.